企業必見!人材が育つ効果的なOJTとは

人材育成にはOJTが必須!OFF-JTとの違いを比較

OJTのメリットを知る

個々に合わせた研修プランを作れる

OFF-JTは集合研修なので、個々の能力を分析する事はありません。それに比べてOJTは実践に似た空間、あるいは講師をつけて実践をさせて学んでいくスタイルなので、個々の能力が浮き彫りになります。それをうまく分析して、その人にあったハードルを与える事で分からない事をわかったフリや、一人だけ置いていかれるのを防げます。
人によって成長スピードはそれぞれなので、理解度に応じて研修を臨機応変に変更出来るのは大きなメリットです。座学は退屈だと思っている方には能力に合わせたスピーディな対応が出来たり、呑み込みが早い方もモチベーションを低下させずに研修が出来たりします。
新人の成長に合わせた講師を配置出来るのも、効率アップが期待出来るメリットの一つです。

教える側も一緒に成長出来る

新人が研修によって成長していくのは当然ですが、OJTのメリットはそれだけではありません。新人の成長スピードや理解度を毎回分析して、次の研修ベースを作っていくので講師側も必然的に成長します。実際に研修を通じて今以上に知識が深くなったケースだったり、人に教えると言う事の難しさが分かったりする方が多い様です。
講師のスキルアップは企業にとっても大きな武器になりますし、講師自身の待遇アップにも繋がります。
また新人とコミュニケーションを取りながらOJTを行うので、人間関係が気づきやすくなるのも重要なポイントです。近年では飲み会や終業後のコミュニケーションを嫌う方もいますが、業務内に仕事の一環としてコミュニケーションが取れるのもプラスポイントです。


▲先頭へ戻る